◆こちらはサイト「雪の日の猫」の別館です。オリジナルBL長編小説ばかりです。お好みに合わない方はさくっとブラウザを閉じてくださいますようお願い申し上げます◆

オリジナルBL(ファンタジー)へ
オリジナルBL(現代
◇この世でいちばんの不幸 R18 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13  完結 ◇やさしい支配 R18 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15
◇この世でいちばんの不幸・番外 16/17/18/19/20/21 完結

◆あらすじ◆
新宿でなんでも屋を営む東乃明里〈とうのあかり〉は、ある事件を通してイチと名乗る少年と知り合う。
天涯孤独の彼は、中野にある廃屋で仲間達と共に暮らしていた。
その仲間達が失踪し、イチは明里に捜索を依頼する。帰る場所を失った彼を家に住まわせ、その孤独に触れるうちに、明里は徐々にイチに惹かれていくが…。
◆あらすじ◆
親友の忘れ形見、陽をイギリス留学へ送り出した後、小説家篠宮鴇は学生時代の先輩と再会する。西崎貴志という名の彼は、十七年も昔、鴇と最悪の別れ方をした相手だった。歳月を重ね、大人になった二人は子供の頃の過ちをやりなおそうと試みる。そんなある日、事件が起こり、二人の過去が暴かれることになる。
わりと愛 R18  1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15 完結
◆あらすじ◆
新宿で東乃明里とともになんでも屋を営む狐原祐一〈こはらゆういち〉。彼は相棒の明里の兄である、ヤクザの鴻也の情人でもあった。ある日鴻也の娘、真がなんでも屋にやってくる。幼馴染でもある二人の過去、なぜ狐原は鴻也の情人になることを決意したか。
『それはたぶん、わりと愛に似てるものだろう?』
大人組二人のアダルトラブストーリー。
◇胡蝶亭奇譚 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 完結
◆あらすじ◆
ある寒い朝、公園で寝ていたフリーターの行人は骨董屋胡蝶亭の主花楽に拾われる。成り行きのまま路地裏の古ぼけた骨董屋に努めることになった行人だが、そこは人語を解する化け猫甘露が店番を務め、様々な人外が訪れる、不思議な店だった。
何もかもを失って流れ生きてきた行人と、人からはみだした骨董屋の主花楽との、始まりの物語。
楽しんでいただけたらポチっと。→
当サイトへ→HP/雪の日の猫
日記へ→日々徒然


新たなる小説の世界へ↓


◆更新履歴◆
110622「龍の鉱石」19UP完結
110615拍手お礼変更
110527「龍の鉱石」17UP
110519「龍の鉱石」16UP
110414「龍の鉱石」15UP
110304「龍の鉱石」14UP
110227「龍の鉱石」13UP

110105F部屋「龍の鉱石」掲載開始
110103ファンタジー部屋設置