100の
お題の部屋
多種多様
お題はこちらから↓
戻る

001:鈍色(にびいろ)の海
002:それはささやかなる復讐
003:石は何時までも転がり続ける
004:醜い色をした恋
005:花と刃と小さな手
006:巡る季節とあなたとわたし
007:祈りの言葉
008:それは貴方を傷つける
009:涙と花の優しい関係
010:響く鐘の音
011:冷えた床に散らばった、あなたの欠片
012:剥がれ落ちるうた
013:夜に咲く花
014:そのどれもが私の全て
015:指先から染め上がる
016:離れてしまえばそれで終わり
017:振り向かないで
018:泣くことも出来ずにただ、
019:嘘とあなたと
020:美しくも残酷な世界
021:硝子細工の恋
022:胸に秘めた劣情
023:雨音はわたしを追い詰める
024:絡みつく腕のような茨
025:あなたの言葉など、何一つ聴きたくないの
026:水面(みなも)の空
027:向けられた切っ先
028:震えるからだ
029:美しいものは何よりも
030:砂時計が終わるまで
031:異端者の願い
032:後戻りなど出来る筈もなく
033:鏡の向こうのあなた
034:眩い夢の後に残る想い
035:静けさが僕を責め立てる
036:弧を描く刃
037:虹色の夢、透明なまぼろし
038:眩い光に映える
039:歪んだ視界に写るもの
040:神様の庭
041:嘘を紡ぐ唇は、微かに震えていて
042:それは泡沫のまぼろし
043:あなたの冷淡な声が耳に残ったまま消えない
044:深海の色
045:甘美なる眩暈
046:君が嫌った世界はとても鮮やかだった
047:うつろう色を追いかけて
048:愛と惰性
049:零れる砂を追いかけて
050:楽園までの道
051:月明かりの下の逢瀬
052:一人きりで泣かないで
053:金の冠
054:恋愛は、ひとを弱くする
055:うつくしい君が囁く言葉は、
056:泣いてばかりいるお姫様
057:ゆめをみた
058:気付いてはならぬ午後の宴
059:穏やかに微笑みながら
060:麗しきあなたに、最後の口付けを
061:軋む音を立てて回る歯車
062:熱に浮かされたような
063:繊細で冷ややかな、氷の帝国
064:君の声はあまりにもうつくしすぎた
065:空が嘆いている声が耳に響く
066:紅い爪の孤独
067:思い出すのはいつも
068:真綿のように、やわらかな
069:やがて崩れ落ちる
070:あなただけは覚えていて
071:君と手を繋いだまま
072:空っぽの記憶
073:変わらないもの、捨て去って
074:きんいろのあなた
075:離れゆく温度
076:触れた肌はあまりにも冷たかった
077:遥かな野
078:こたえは全て、わたしの中に
079:終わる夜と明の星
080:糸で繋いであげようか
081:壊れたあなたへの想い
082:黒と紅の蝶の羽
083:あと一歩、進むことができたなら
084:指先でなぞるように
085:歪んだ月が映る日
086:とぐろを巻いた未来
087:その細い指先で
088:全てのものを愛せると、そう思った
089:知らないふりをして
090:今はまだ、終わりの時じゃない
091:白き少女の逃亡
092:あの日、描いた未来
093:もう黙って
094:交じり合わぬ道の果てに
095:欠片のような言葉だけ投げかけて
096:あなたは優しい罪を犯す
097:押し潰されそうになるほど綺麗な
098:銀の檻
099:貴方が傍にいてくれるのなら
100:二重螺旋の描く世界